先日行われた、高岡市『勝興寺』特別公開の様子をお知らせします。

オープニングセレモニー
まず、開会に先立ちオープニングセレモニーが行われました。
主催する文化庁そして高岡市長の挨拶そして勝興寺のご住職がご挨拶されました。
賀古先生の修復現場説明
何せ、大きな現場です。次々と来場される人に修復工事の内容を賀古先生が、説明されました。
五意の会 木組みのパズル
これは、4階で私達『五意の会』が行った木組みのパズルです。
これは、難しいぞ。
itakiripazuruhannbai_convert_20091124182223.jpg
私の担当は、知恵の板切りパズルの販売と実演です。
sannhehoupazurutinnretu_convert_20091124182050.jpg
これは、三平方の定理をパズルで証明する物で、数学の先生も教材になると買っていきました。
結局2日間で3200人の来場でした。・・・すごい。
静岡・石川・富山の『五意の会』の皆様多変ご苦労様でした。
スポンサーサイト

井波別院瑞泉寺 本堂 耐圧盤基礎コンクリート打設
井波別院瑞泉寺 本堂 耐圧盤基礎コンクリート打設完了

今日は、朝7時から農作業場新築の打合せ。その後瑞泉寺のコンクリート打設検査に行ってきました。当然これだけ大きいお堂、圧送するわけですが、圧送パイプの長さが50m以上これは大変です。
配金検査出来たところから打ち込みます。
最初の写真は試掘したところで柱の4周打てるのですが、後は万一を考え柱の片面ずつ打ち込み養生後、もう片面を掘削そして配筋、CON打です。今回は全体の4分の1の片面です。

まだまだ、先が長い道のり。ガンバロ-
地元の土工さん大変頑張っています。

勝興寺特別現場公開に五意の会として参加しました。

板の知恵切りパズル2
21日(土)22日(日)と2日間、高岡市重要文化財 勝興寺 特別現場公開に参加しました。
私達小松、静岡、富山の五意の会は、4階のブースを運営しました。
大工が作る知恵の板切りパズルや組み手・仕口の見本展示など大忙しでした。
2日間で3000人以上が来場されました。
写真は、三平方の定理を証明するパズルで、1コ¥500円での販、売皆さんに買って頂きました。
パズルの指導をしているのは、現在井波別院 瑞泉寺でお世話になっている、井波建築組合の野村さんです。

続きを読む

今日は、私の趣味のバンドの話です

151_convert_20091120194726.jpg
私が参加しているあわづアクエリアスというバンドです。
写真は、金沢市のホテルでの仕事です。
普段は、9人編成のバンドで、スタンダードジャズ、ムード歌謡の曲をやっています。
現在クリスマスの仕事で粟津温泉のクラブで3日間2ステージの予約の練習中です。

粟津温泉 喜多八での演奏

那谷寺の紅葉、今週が最高です。

那谷寺の紅葉が今週最高です。
当社で作成した、楓月橋(ふうげつきょう)を見上げた写真です。
境内には、数多くのモミジ等今がまさに絶頂の紅を迎えています。
平日でも沢山の参拝客で駐車場も混雑ぎみですが、何せ大きな駐車場ですので
大丈夫。さあ~皆さん那谷寺の紅葉を御見物あれ。scan-2_convert_20091119120137.jpg
那谷寺公式ホームページ

井波別院 『瑞泉寺』本堂 沿革

「本堂」は明治13年に起工明治18年(1885)に再建され間口25間(46m)奥行き23.5間(43m)、総面積590坪(1950㎡)、単層入母屋造りの大伽藍である。本尊は阿弥陀如来、両脇壇には宗祖親鸞聖人御影と本山(東本願寺)前門主如建立以後、記録に現われているだけでも、寛文、明治、大正、昭和37年とそれぞれ修理が行われているが、建立以後の中世から江戸初期にかけても度々の修理が行われたものと考えられ、数度の改宗や、寺院の盛衰のこともあり、今日に至るまでには数々の変遷があったと推察される。

井波別院 『瑞泉寺』 本堂の鉄筋工事が、始まりました。

R0014740_convert_20091116163907.jpg
いよいよ、鉄筋工にぼわれています。
今回は、何とかなったが、今後82本の2面分合計164面(今回25面終了)
いかに鉄筋工さんを待たせずに出来るかが勝負だ。
床下は、100年のカビの臭いと暗さで、作業員も大変です。
みんなで頑張ろう。

井波別院 『瑞泉寺』 本堂の玉石廻り野帳作成

R0014732_convert_20091116163623.jpg
本日も、井波別院 瑞泉寺 本堂です。
森山・沢井と私の3名で玉石廻りの野帳をとる作業です。
今回は柱92本の内26本の片側です。
この作業が終わらないと、鉄筋工さんが仕事にかかれません。
又、この日は午後1時半~瑞泉寺文化遺産を護る会が行われ
瑞泉寺の高橋延定さんの講演の後、私から工事の進捗状況と
『地域の文化遺産は地域で護る』といったお話をさせて頂きました。
80名を超える参加者で緊張しましたが、皆さんの真剣に聴く姿勢に
感心しました。私もしっかり頑張らねば・・・南無阿弥陀仏

勝興寺 現場特別公開の打合せを行いました。

scan-7_convert_20091113203524.jpg
賀古先生の現場 高岡市勝興寺特別公開で行う。当社のコーナー
大工知恵の板切りパズルと組み手と仕口の打合せを行いました。
約300組のパズルセットを用意しようと考えています。
当日は、小松・静岡・富山の宮大工さんと合同の五意の会で皆様をお迎え致します。
入場無料ですので来てください。

これが井波別院 瑞泉寺の柱根です。

瑞泉寺 本堂 柱礎盤下玉石
設計監理で井波別院『瑞泉寺本堂』です。耐圧盤を設置するための柱廻り(玉石)を抱きかかえる基礎を作るための掘削作業です。瑞泉寺本堂はこのような大きな柱と基礎が88本有ります。
各柱を半分づつ基礎を作ります。小さく写っていますが玉石の大きさ1500×1800高さ1500と巨大
柱も直径が60cmとすごい。これを耐圧盤で包み込み、その後各柱を3cmづつジャッキアップ5周して
元の高さに戻します。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード