28日本年最後の瑞泉寺本堂のコンクリート打設を行いました。

zuikonn1.jpg
28日瑞泉寺 本堂 本年最後のコンクリート打設完了しました。
瑞泉寺コンクリ2
井波 土工事 頑張っています。
スポンサーサイト

12月25日に行われた、小松東RCのクリスマス会のステージです。

CIMG6175.jpg
サンルート小松で行われたクリスマス会で、会場には子どもも含め100名を越えるお客さんでした。
クリスマスソングメドレー(ジャズアレンジ)の他8曲30分のステージでした。
グランドピアノがとても弾きやすかったです。只、音響機材を持っていけなかったので返しの音がなく
バランスが解りませんでしたが、好評でした。

クリスマスから、いよいよ年末です。とにかくあわただしい。

皆さん、すてきなクリスマスをすごせましたか?
私は、23日から3日間粟津温泉の「クラブ雷鳥」でクリスマスの生バンドで夜9時と10時の2ステージ
おまけに、25日は7時~ホテルサンルートコマツでクリスマス会の生バンドの後2ステージと、ふらふら
でした。どのステージも大盛り上がりで皆さんに楽しんで頂けたようです。
詳しい映像データーはもう少しお待ちください。

 さて、今年もあと少し当社で恒例の 那谷寺 金堂 十一面観音の御身拭いを行う足場の設置を行いました。
25日組立、26日午前に御身拭いが行われ午後足場の解体この行事が続いています。
ominuguiasiba1.jpg
御身拭い2
今年も大きな事故もなく商いを続けてこれたことに感謝し一番近い所から、そっと手を合わせます。
又、新しい年もいい年でありますように。
皆さんにとっても素晴らしい年になりますように。
当社は、29日までの営業です。

31日に雪が降ると、那谷寺の除雪作業です。さて、大晦日の天気は・・・

腐敗した材料の中から紙くずのような物が出てきた。

大根太に紙発見
新発見。取替を予定していた材料(大根太:桂材)の芯の部分から紙屑が出てきた。
キクイ虫でばらばらになっていた。
紙と新聞
おそるおそる、取り出してみると、キクイ虫に食い荒らされているものの、新聞の切れ端も
読んで見ると○○二十四年二月十七日国鉄特別扱承認と書かれている。
建立当初にしては、書体が新しい、ネットで調べてみると、やはり昭和の話である。
とすると、この材料は、昭和24年頃に修繕されたのか???謎である


大根太材料搬入
木工事がいよいよ、本番です。
写真は取替予定の大根太材です。
檜 赤身勝 1尺*1尺*20尺 人力で堂内へ
材料の搬入も大変です。
ガンバレ井波地区建築組合

家内はお花の先生です。(小原流)生け花教室も行っています。

家内は生け花(小原流)」の先生で毎週木曜日に生徒が沢山来ます。
先週は、クリスマス用だったみたいです。
教室の感じと、生徒の作品を紹介します。
生け花教室
教室の様子です。事務所の2階が教室です。
作品1
うまくできましたね。クリスマスに似合います。
作品2
これも、すばらしいテーブルにクリスマスの料理とワインが似合います。
皆さん一生懸命に造っていました。

本日、井波別院 瑞泉寺 本堂の現場特別公開が行われました。

朝、7時雪の中を瑞泉寺へ出発。8:30到着
会場設営とチェック
さて、雪の平日にいったい何人来るかな~
9時半いきなり30人の団体
それから町内の人や、前日のテレビ案内を見た言った方やで大忙し。
お昼過ぎには、テレビ5局や新聞3社含め大忙しでした。
普段は、土工事で頑張る藤井工業(株)の社長も進んで皆さんに苦労話を
説明していました。地元テレビで紹介

上記のテレビで紹介をクリックください

新聞記事の紹介
富山新聞の紹介

北日本新聞

今日は、早めのブログ更新

これから、明日の井波別院 瑞泉寺 本堂 特別公開の準備で富山行きです。
明日から、天気が雪に変わるみたいで心配です。
只、見学場所が本堂内部と台所門そして太子堂なので寒さ対策だけです。
明日は、平日なのであまり多くないと思いますが。
1月23日24日は、土日で多くの方に見て頂きたいです。
皆様瑞泉寺でお待ちします。瑞泉寺コンクリ

今日は、監理技術者講習会に行ってきました。

監理技術者講習会
今日は朝から監理技術者講習会の為金沢でした。
公共工事で3000万円以上(最近は民間でも)の工事に監理技術者資格者が必要のため
更新講習(5年に1回)に、行ってきました。
9時~4時までそして最後には終了考査と、みっちりで疲れました。
280人の参加で、土木・建築業界の人でいっぱいでした。
その中にも、数人の女性の姿を発見、近年の女性パワーすごいですね~。

瑞泉寺 本堂 これは大きい

heimennjpegu.jpg
本日は、井波別院 瑞泉寺『本堂』の床下の野帳作成です。土工事も順調で、いよいよ奥から外陣にせめてきました。
鉄筋屋さんを待たせないように掘り上がった箇所をスケッチと調査していきます。今日は、皆さんに本堂の平面を紹介します。日本で4番目に大きな本堂です。

yukaitatyousa.jpg
午後は、本堂床板の腐朽がひどく、使えない材料からサンプルとして保存する材料を選別しました。
この広い本堂の床板には、各地から材料が寄進されたと考えられます。
様々な材種が入っています。大半はトチ材他ミズナラ・カツラ・サワグルミ・クリ等と考えています。
古く判断が付きにくいのですが、小口を蚤で削り、環孔材かどうかか?環孔の大きさや、ふの入り方などを
宮田大工棟梁と判断していきます。広葉樹は種類も多く難しいです。

S様農作業場の建て方を12日13日と行いました。

13日建て方朝
S様、農作業場の建て方を12日、13日と行いました。
合掌(トラス)構造です。農作業場と言うことで20尺の柱の平屋建て
なんと8間の合掌です。
いや~ しかし、でかい。材料を上げても上げても材料がなくなりません。
8間ともなると本当にでかい。
昨日は雨で作業も遅れました。本日は曇りですが少々風があり神経を張りつめた建て方
でした。
嶋田建て方13日夜
この時期は、日が暮れるのも早く5時には真っ暗です。
投光器を5台用意しての作業です。
本日は、暗くなり危険なので作業はこれまでです。
2日間、施主のS様には、休憩時のお茶やお菓子そして、帰りには赤飯・饅頭と
いたれいつくせりで大変お世話になりました。
明日の作業は、屋根の下地ののじ板張りそして午後には瓦屋さんもくるので
かなり焦っています。それでは又明日。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード