FC2ブログ

先日の瑞泉寺『本堂』ジャッキアップ現場公開にこられた方からの依頼

西光寺本堂
富山県の○○寺、同じ浄土真宗のお寺です。本堂は明治に再建された禅宗様建築(巾が広く深い、ぐりぐり)からも時代が下ります。この寺のご住職から庫裏のジャッキアップの地盤調査、構造設計のアドバイスを依頼されました。
門徒さんの中には古い庫裏を解体し新築をと言った声もありますが、ご住職は木造の古い庫裏を残したいとの事。
早速伺ったところ、江戸後期の庫裏、屋根は瓦に葺き替えられていたが昔はとんとん葺きだったとのこと。こんな素晴らしい庫裏はやはり残すべきです。構造材も100年ほどで、まだ青年期まだまだ頑張ってくれますよ言ったらとても喜んでくれました。やはりお寺はの建物は現在の住職や門徒の物でなく、これまで支えて頂いた先人の門徒の方々そしてお寺を護ってきた歴代のご住職がいたからこそです。歴史と文化の無いところには人は集まらないそのためにもきっちり護らなくてはいけないと感じました。寺には熱心な設計の方がおられるので一安心。

西光寺庫裏
この庫裏を改装する予定だそうです。建立当時はとんとんのむくり屋根か????大玄関

格式のある大玄関、今後の調査が楽しみである。
スポンサーサイト

芝居小屋散策その2

金丸座その2
四国は金丸座です。この小屋も素晴らしい小屋でした。賀古先生がこの小屋も監修されたようで外観内観共に迫力のある小屋です。能登 七尾のでか小屋もこんな感じになるのでは・・・
和小屋の造りに圧倒されます。
金丸座その1
客席の天井もこんな感じで提灯天井のすのこが何にでも利用できるタイプです
金丸座直美
家内をとっていますが、どうにも奥の舞妓さんが気になっています。

これまでに訪ねた芝居小屋 その①『八千代座』

八千代座1
やっぱり、八千代座はすごい外観・内観そして大き等全てをひっくるめさすが重文です。
賀古先生の苦労がよくわかります。
yatiyoza2.jpg
粟津温泉から有志で視察に行きました。山鹿燈籠踊りなど、粟津演舞場でも行える内容でした。
我らもがんばらなくては・・・

バンド活動も冬眠していましたが、少し暖かくなったので開始します。

冬は、寒くてバンドの練習も億劫になっていましたが、温度も少し上がって来たので来週から開始しようと思います。
さて、ジャズと社寺建築どこか似ています。基本があってのアドリブそして、スケール、作者によって癖がある。
本当に似ています。同じ曲でも演奏者によって全然変わります。やはり事の起こりを理解し基本を学びそしてアレンジする。共通する事です。

井波にこんな良い物発見

石湯
いや~いいですね~瑞泉寺の近くに、こんな良い建物を発見しました。元は看板の通り銭湯です。現在は工務店の倉庫に利用とか?
何とか瑞泉寺の境内に、このお風呂を復原し参拝とお風呂のセットなんて
見るからに昭和初期の風合い。このままではもったいない。
既存調査が、急務です。

井波別院 瑞泉寺『本堂』床板配置図です

根太割付け図
本堂の根太の割付け図です。取替部分はあらかじめ調査し、木工事に入れておきます。
それでも、実際に捲って見ると予想より被害(虫食い、腐朽)が、ひどい。
ある程度の補足の木工事を見込むことも必要です。


床板配置図
床板を捲る前に作成した板割り図です。
古い材料を1枚でも利用するときに原の場所に戻すために作成しておきます。

井波別院 瑞泉寺 『本堂』外陣の床板がかなり貼れました。

外陣床板貼り
外陣の床板がかなり貼れました。一枚一枚きちんと繕い、もとの場所に戻します。ここまでして古い材料を残すこれが大事なのです。

井波別院 瑞泉寺 本堂床下修復工事も終盤戦です。

瑞泉寺雪がすごい
それにしても、現場の雪がすごい
現在現場は、大工工事が、最高潮です。
そこにきて、売店を今までの位置から変更するため大急ぎで図面を作成中です。
同時に、数年後に予定されている『本堂屋根葺き替え』の見積もりを作成しています。
本来、屋根工事に取りかかる予定がこんな事になってしまい、予定が遅れていますが
現在も雨漏れが進む屋根を何とかしなくては・・・
素屋根・板金・大工・火報など様々な事を考慮します。
天井に上がって調査したところ、構造材もかなりひどい。
何とか床下同様、重文の半値ぐらいにしたい。
頑張らなくては・・・

瑞泉寺文化財防火デー

先日行われた、文化財防火デーで自衛消防の放水の様子です。

オール電化 エコライフ実感フェアーご来場有り難うございました。

2月13日(土)・14日(日)の2日間アビオシティー加賀で行われた、オール電化エコライフ実感フェアーに
沢山ご来場賜り本当に有り難うございました。
オール電化の提案は元より、太陽光発電・木質バイオマスのストーブ等、皆さんに理解して頂き本当に良い機会だったと思います。寺井会場・小松会場そして加賀会場と今回3会場で行いました。今後もこのような機会を設けて最新の設備機器等を提案させて頂きます。

尚、3月6日(土)7日(日)の2日間
石川県産業展示会館 1号館で、イシモクリビングフェアーが、開催されます。
当社提案の、
サイカイ産業のペレットストーブも展示させて頂きます。
皆様のご来場をお願いします。

井波別院 瑞泉寺 本堂 床下保存修理工事 根太が、かなり取り付きました

nedatorituke.jpg
大工の人数も8人に増え、根太が順調に取り付けられています。
パッキン
柱根のパッキン材もほとんど完了。添え束にも、そして柱根の腐朽部分には段違いのパッキン材。
掻き込み補修
ジャッキアップ時に掻き込んだ腐朽部分には、檜の板で分増しし、埋めます。
側廻りは、古色を塗ります。古色の配合は、企業秘密です。
数年で同じ色になるように塗ります。どこを直したか解らないようにするのが我々の仕事です。


さて、工事もここまで進と色々な事が出てきます。
1,売店の復旧(どこに・どのような)今までと違った工夫を。
2,床下の電気、無線の配管・配線
3,ジャッキアップで痛んだ箇所の補修
4,最後のクリーニング
まず、ひとつひとつ、きちんと丁寧に。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード