重要文化財 岩瀬家住宅 保存修理工事 始まりました。

足場
いよいよ、岩瀬家住宅始まりました。今日から足場の搬入と組み立てです。背面の足場を軒先までくみ上げました。わらび
午後、岩瀬さんが、山に草刈に出かけら戻って、山本さん これ持っていかんか?
なんと、わらびを沢山いただきました。写真の5倍以上が入っていました。
岩瀬さん本当に有難うございます。美味しくいただきます
スポンサーサイト

アビオ加賀で開催したハッピー ライフ フェアー無事修了しました

アビオ加賀で開催した、ハッピー ライフ フェアーに皆さん多数ご来場頂き本当に有難うございました。
おかげさまで両日とも20組を超えるお客様にご来場いただきました。

尚、協賛いただきました、イシモク・北恵・タッセイの問屋さんはじめ、タカラスタンダード・INAX・サントリー・ホンダソルティック
・ダイケン・パナソニック・トステム・旭トステムのメーカーの皆様ご協力頂き本当に感謝します。



30日1

タカラスタンダードのブース
kaga2
kaga3
INAXさんのブース
kaga4
北恵のサントリーの樽で作ったフロアーのブース
kaga5
ダイケンのフロアーのブース
kaga6
ホンダソルティックさんのブース
kaga7

kaga8
旭トステムさんのブース

本日も、アビオ加賀2階催事場にて、ハッピーライフ・フェアーを開催します。

abio
昨日も、20組を越えるご来場者有難うございました。皆さんに、当社だから利用できる省エネ補助金(工事費の1/3)と既存住宅流通補助金(工事費の1/4、1/5)の説明をさせて頂き早速4件のご契約に繋がりました。心より感謝いたします。尚、本日もアビオ加賀にて、10時~5時まで開催いたしますので、皆様のご来場を御待ちしています。

那谷寺 庭園茶室 了了庵の屋根替え工事進行中

了了庵束
既存の茅の高さにあわせて、束が建ちました。現在母屋を加工しています。那谷寺ノブ
上村棟梁がんばっています。皆さん声援宜しく。
五意の会の皆様、たまに遊びに来てください。


私は昨日一昨日と、重要文化財 那谷寺 書院・護摩堂・鐘楼の調査のお手伝いで、各建物に足場をかけました。拝観の皆様ご迷惑をおかけしています。

ネイチャースクールが開催されました。

村上ペレット
5月23日小松東RC主催、社会福祉法人 自生園 ・小松市教育委員会 協賛
で行われた、ネイチャースクール2010が、自生園で開催されました。参加者は50名を超え、まず木崎常務理事のスライドを使ってのオリエンテーション、その後実際に山に入って間伐体験・丸太切り・薪割り体験その後ペレット工場で自分たちが間伐した木材をペレットにして大喜びでした。子供たちに木を守り・山を守り・間伐や製材工場からの、オガ粉やかんな屑がペレット燃料になり、それが地球温暖化対策に繋がることが分かってもらえたようです。

iwaseke
重要文化財 岩瀬家の保存修理工事の木工事をさせていただくことになりました。
今回の工事は、背面の茅葺きの工事と木工事(床板の繕い・壁板の繕い・出窓の修正・建具の補修・出桁の修理)です。
当社は、木工事・建具工事そして足場の工事を担当します。これから随時紹介させていただきますのでお楽しみに。
岩瀬床
早速、午後問題の1階とアマの床板を2枚捲くって見ました。欅の床板は、白太が湿気で腐り、2階のかつらの床板もしらたが腐朽です。剥ぎ木、添え板の繕いが増えそうです。

那谷寺 了了庵 屋根替え工事 屋根のライン決定する

了了庵屋根反り1
小松市那谷寺 庭園茶室 了了庵の屋根のラインをご住職に確認していただきました。
本来、茅葺きだったので、いくら軒付けだけは残すとはいえ、むくり屋根にするのが良いかとも考えたのですが、
茅葺きが、時間がたって落ち込みが下がり少し反った状態に見せることにしました。よって2.5寸反らせました。

写真の水糸からの下がりを、ご確認下さい。野垂木をこれだけ下げると全体で束を持ち上げる可能性があるので、飛び上がらないようにする補強も必要です。しかし、これで屋根のラインが決定したので大工も加工にかかれます。
上村大工ファミリーがんばってください。

了了庵屋根反り2
了了庵屋根反り3
ベニヤの角が軒付けの角です。少し反らせました。

富山市 中沖の西光寺庫裏改修の地盤調査報告会で今後の方針説明

西光寺地盤報告会
富山市中沖の西光寺 庫裏改修工事に伴う地盤調査報告会で、今後の方針を説明しました。
この地域は、こしの潟に近く非常に軟弱な地盤であったボーリング調査、サウンディング試験の結果から地表から1.5m下に、やや安定した砂れきがいるが、その下はN値0が12mも続く。25mでやっと強固な支持地盤に到達できる。が、しかし今回は庫裏を1.5m持ち上げる改修工事なので長い杭は打つことが出来ない。お寺の庫裏160坪はある建物だが、住宅の大きいタイプと考えれば、新幹線の橋脚や学校のようなものでないので、今回1.5mの支持地盤までの地盤改良と、耐圧盤(30cm)の施工が望ましいと考える。このことを、門徒建設委員会の18名に説明。その後、ボーリング調査のコア箱を見ていただき皆さんに理解を賜りました。今後、基礎石の試掘と小屋組みの調査が続き、基礎の構造に反映させていきたい。

土曜、日曜と娘を送り、横浜に行きました。

横浜1
土曜、日曜と就職活動で戻っていた娘を送り、向こうで用事を済ますために横浜に行ってきました。
ちょうど、赤レンガ倉庫で行われていた、カルロス菅野率いるラテンバンドとワイン飲み放題とあって、早速一番前に陣取ったのですが、横浜もこの日はとても寒く大変でした。まあ、酒の勢いで最後まで聞くことが出来て最高でした。

井波別院 瑞泉寺 本堂 向拝の土間打設工事行いました。

土間打設
藤田輪番さんに、工法を了解していただき。第1回目のコンクリート工事です。
井上左官さんとも打ち合わせをおこないました。
シュビ鏝も見せていただき(目地幅に合わせたこの現場用の鏝)2.5分幅決定です。
塀屋根塀壁

式台門の袖塀の屋根の解体調査です。瓦の下はベニヤ・トントン葺き、すのこ野地で棟木等は、折れたりしていませんでした。
壁は、モルタル下地の漆喰で5本目地を設けていますが、後付けです。
昭和の後半に柱も取り替えられているようです。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード