石川県指定有形文化財 阿岸本誓寺 本堂 保存修理工事がいよいよ本格スタート

阿岸正面足場
10月27日
阿岸本誓寺 本堂 保存修理がいよいよ本格スタートしました。
正面の足場もかなり組みあがり、今回背面からスタートです。
阿岸軒茅

本来背面は軒付けから3mぐらいを差し茅のつもりだったのですが、解体調査をしてびっくりあまりに既存の茅の厚みが薄く、差し茅が行えない状況です。軒から7~8mは本葺きにしないと工事が進みません。
阿岸背面茅2
阿岸背面茅1
既存の茅葺きは薄いところで10cm以下ぐらいで話にならん。
本来は、40~45cmは、ほしいのでこれなら雨がもっても不思議でない。
スポンサーサイト

建築士会全国大会「佐賀大会」に参加しました。

10月22日(金)~24日(日)まで九州は佐賀県で行われた建築士会全国大会佐賀大会に参加しました。士会全国
23日午前は玉名市の蓮華院奥の院の大吊鐘(世界一)そして本院の五重塔・完成まじかの南大門を見学しました。
蓮華院の川原住職には、以前那谷寺の講演会でお会いしていたので、事前に連絡をしていました。

蓮華院大吊かね
大相撲九州場所で土俵入りが行われる場所です。
蓮華院五重塔
やっぱりここ蓮華院の五重塔は凄い。
南大門2
南大門1
完成まじかの、南大門。
舞台全体
八千代座見学
蓮華院の後山鹿市の八千代座に見学に行きました。
建築士会の皆さんは興味深く見ていました。当日は午後からのイベントのため石橋さんはセット準備、変わって、重要文化財 八千代座保存修理工事を元請けをされた野中建設の社長の野中さんが皆さんに詳しく説明してくれました。
22日は、湯布院で泊まり、金鱗湖へ見学ここは昔家族で行ったところで思い出していました。
金鱗湖
九重橋
九重の日本一の橋を歩いて渡りました。そして翌日海地獄の見学しました。この写真は建築士会会長夫妻です。
会長夫妻

阿岸本誓寺 本堂 保存修理工事 の現場監理報告

少し大きい文字10月20日・21日と泊まりで石川県指定有形文化財 阿岸本誓寺へ行って来ました。
今回の目的は、足場の状況確認と木工事の補修木材の確定そして、別件の山門袖塀の調査です。

負いさす
天井裏(3階建ての住宅がすっぽり入る空間)で、大工さんと、繕い材。取替え材の確定を行いました。
ひ垂
ひえんタルキも中と外できちんとチェックします。しかしできるだけ古材は残す。
茅1
足場の上から、撮った茅の状況です。かなり腐朽が進んでいます。
山門
山門袖塀の調査もも別件で行いました。
既存はベニヤで化粧捲くるとさらに、同じものが、しかし、土壁の層も2回。
柱には傘木の取り付けられた痕跡が・・・。
さて、いつの時代に戻そうか???
やはり建立当初の板貼り塀か?

山門3
排水1
天井裏にいつの時代か入れた雨漏れ用の箱に水がいっぱいでオーバーフローその水をバケツリレーで処理しました。
これでしばらく大丈夫です。これもサービスのうち。

粟津温泉町並み整備事業「山下米店の改装工事」にかかりました。

山下米店1
粟津温泉の町並み整備事業の一環で行われる。山下米店の改装工事が始まりました。
この事業は、町並み修景に伴い店舗等の正面を和風のイメージに改装する事業です。
RC造の店舗を町並みに合った和風に改装します。
完成をお楽しみに・・・

山下米店2
正面に入っていたシャッターを撤去、これから和風の玄関を作ります。

興福寺国宝特別公開2010『開扉場所・五重塔初層・東金堂後堂・東金堂』に行って来ました。

10月17日(日)奈良の興福寺に行ってきました。五重塔は光明皇后の発願によって730年に建立され、現在の建物は1426年頃に建てられました。古式を守る純和風の建築は、規模も形式も創建時代の姿を伝えるきわめて貴重なものです。
東金堂は聖武天皇が726年に建立し、現在の建物は1415年に再建されました。通常立ち入ることのできない後堂の公開にくわえ、およそ50年ぶりに後堂に還座した正了知大将像を特別に公開されていました。
興福寺看板
興福寺五重塔
五重塔:真柱は、地面に礎盤が有り、それにのっていた。又、末口が2尺5寸を超える凄い柱でした。
興福寺五重塔露盤
露盤の状況
南円堂
南円堂の写真です。
ちょうど、中金堂の立柱式が行われたあとでした。
NHK取材
この日は、NHKの取材もあり、滝田 栄 さんが来られていました。


銀閣寺
帰りに、息子の所に行くついでに京都の銀閣寺によりました。

輪島市門前町 「阿岸本誓寺本堂保存修理工事」の着工式が行われました。

着工式2
着工式1

石川県指定有形文化財 阿岸本誓寺 本堂 保存修理工事の着工式が10月10日(日)10時より、行われました。
当社が設計監理
元請けは、飛騨かやふきの杉山さん
木工事担当は井波社寺です。
10月15日から外部の足場工事が本格的に始まります。

本堂背面
この写真は、本堂の背面からの写真です。
内部は以前きたときよりさらに雨漏れが進んでいました。

本誓寺山門
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード