FC2ブログ

(有)山本製材・山寅会 韓国研修旅行 2・3日目報告

韓国ソウル2日目
女性陣は、ミョンドンへ買い物で別行動。
残った男性陣は9時出発。今回は研修なのでまずはソウルにある、国立中央博物館を見学しました。
国立中央博物館前

大きな3階建てのビルの中で、各時代の特徴的な展示品が見れました。
私が、注目したものは写真の石塔です。3段の基壇の上に10層の石塔です。
塔と言えば日本では奇数なのですが、偶数の層の塔は始めて見ました。これはもともと、現北朝鮮にあったものを
ある時代に日本の内務省の北村氏が日本に持ち帰りその後、韓国に渡したものだそうです。
修復が終わっていますが所々に復原できなかった箇所も見られます。

10層石塔
石塔案内板
博物館の次は世界遺産にもなっている昌徳宮を見学しました。
ソウルでは景福宮の方がポピュラーですが、日本の支配下に置かれたときに、一度消失していて今の景福宮は近代に復原されたものです。昌徳宮は、いくつかの建物も消失の歴史はあるが復原時期も古く東の宮殿として有名である。

正門前
正門前にて
正門軒
正門の化粧軒の様子です。地垂木が丸く、ひえん垂木が四角い。また、扇垂木のように見えますが、隅のみ扇状で
墨扇垂木になっています。

中に入ると、昌徳宮の中でもひときわ大きい建物、仁政殿があります。
仁政殿
仁政殿内部
少し離れて、王妃が住まう、大造殿が見えます。ここの特徴は屋根の瓦に棟がないことです。
陰と陽の境界を持つ棟の作らないことで、賢い王子を産むことを案じた物です。

大造殿
建物研修も終わり、ミョンドンの全州会館で石焼ビビンバとチヂミの昼食を終え、午後の部ナンタ劇場(乱太)
このショーは世界的に有名で、今度金沢でも行われます。私たちは先取りしてみてきました。まったく言葉が分からなくても、大笑いできるショーでした。

ナンタ前
ナンタ中
この後、南大門市場でお買い物、皆さんしっかり買い込んでいました。
よして、お楽しみ夕食。
2日目はプルコギ食べ放題とお酒飲放題。
2日間とも肉料理でも、食べる・食べる・食べる。
いったいどこにはいるのやら。

2日目夕食吉野
2日目夕食森山
2日目夕食池田
日目の夜も皆さんカジノ他で忙しく、朝方まで騒いでいました。
カジノでは、少し勝った人も、大きく負けた私も含め様々でした。
明朝早くホテルを出発。お土産店に立ち寄り一路小松へ。
到着後、空港で解散式。山寅会会長の吉野さんの挨拶で事故もなく帰ってこれた。又企画しましょうと挨拶されました。参加された皆さんお疲れ様でした。

解散式

今回の研修でソウルでは私の友達の世遊路ツアーのカン氏に世話になりました。
そしてガイドは李さんでした。
帰って早速メールが届きました。

こんにちは。ガイドの李貞児です。
大変お疲れ様でした。
2日間未熟な案内でしけれども、不便なことはなかったでしょうか?
また次回、お会いする時にはより楽しくより満足していただけるような案内をいたしますので
よろしくお願い申し上げます。
奥様をはじめ、皆様にもよろしくお伝えください。
次回お会いできるのをお待ちしております。
また、健康第一ですから、お体には十分気をつけてください。
では、また。
追伸:○○さんに宜しく。
解散式
スポンサーサイト

(有)山本製材・山寅会 韓国研修旅行 1日目報告

2月21日(月)から23日(水)の2泊3日で韓国ソウルに研修旅行に行ってきました。
総勢17名の珍道中。最初から笑いの連続でした。
バス内部
小松空港から一路ソウルへ、バスで市内に移動です。どんな旅になるのか期待を膨らませて少し緊張ぎみ。
1日目夕食1
初日の夕食は、市内の焼肉店で飲み食べ放題の大判振る舞い。美味しい焼肉に大満足でした。
1日目夕食焼肉2
女性陣はこの後エステなのですが、お構いなし。もう食べれんわ~と言って食べつくしました。
この後、男性陣は2次会です。イッテウォンのショーで楽しみました。ここでは大盛り上がり。
ショー内部
そのあとの3次会以降はカジノ・カラオケと様々なオプションを満喫しました。

2月6日(日)午後3時から 城端別院 善徳寺 の方針を打ち合わせました。

善徳寺正面24日

本堂軸部破損調査が終了し調査報告をさせて頂きました。
さて、これからが問題。
どのような工事になるのやら。
決まり次第、報告させていただきます。

2月6日(日) 越後村上 寺町の おしゃぎり山車の修理 さらに深く。

あしゃぎり皆で
2月6日(日)12時から、岩屋の倉庫で越後村上は寺町のおしゃぎり山車の修理の大詰めの打合せがありました。
これまでの、宮大工の修理(剥ぎ木・埋木)に加え、井波彫刻の南部白雲さん・その若い衆の小野さん、そして塗師の織田さんで今後の方針を打合せしました。

山車柱
このように剥ぎ木した箇所の塗りをどうするのか?本来どうだったのか?
かざり1
かざり2
飾りの塗りも下地に漆があるのか?様々な可能性を考慮し、今後X線での調査、一部削り取りの調査を行う予定です。
なんぶ2
なんぶ1
ここまで来ると、井波彫刻の南部さんにも細部の修理をお願いしました。
今回の修理で村上の皆さんは喜んでもらえるか楽しみです。
村上は寺町の皆さんもう少しお待ち下さい。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード