4月6日・7日 下粟津町のN様邸の上棟式を行いました。

4月7日(土) 夕方無事に棟木も納まったので、上棟式を行いました。
まず、社長の私がが祝詞奏上(のりとそうじょう)をしました。
そして、祝詞奏上に続いて、四方祓いの儀を行いました。
棟梁と監督の沢井君で、鬼門の方角から、時計回りにお神酒、お米、塩をまいて、建物の四方を祓いました。
次に槌打ち(つちうち)の儀を行いました。
棟梁の『千歳棟』の掛け声で、3回、
『万歳棟』の掛け声で5回
『永々棟』の掛け声で7回と棟木を槌で打ちました。
そのあと、棟札を取付け無事終了。
本当に良い上棟式でした。
建て方
4月7日の全景
祝詞
社長の祝詞奏上
御神酒
四方祓いの儀
棟梁2
槌打ち(つちうち)の儀
棟梁かけ声
皆で
棟札
無事、棟札を棟束に取付け、上棟式を終えました。
6時から会社に戻りみんなで直会、施主のN様も参加しお祝いしました。
本当に良い上棟式を行うことができました。
スポンサーサイト
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード