20131228_144338_convert_20131228145223.jpg
今年も仕事納の日です。
皆様には、大変お世話になりました。
本年も住宅の新築・リフォーム工事。古民家再生事業。井波別院瑞泉寺の本堂保存修理工事の完成。城端別院は「本堂」「庫裏」が着工されました。また、地元では自生園為楽庵(福祉施設)を始め福祉施設の修繕工事。また、重要文化財 那谷寺書院庫裏・鐘楼・護摩堂を修理工事中です。来年も既に新築・リフォーム等受注を予定しています。
先日、お世話になっている那谷寺ご住職様より毎年いただいている来年の色紙をいただき早速事務所に掲げました。

午年にちなんだ色紙です。
漢詩です。
万事塞翁馬(ばんじさいおうがうま)
意味:幸福や不幸は予想のしようのない事の例え

中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。
ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。
この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。
そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが災いにならないとも限らないよ。」

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲撃してきました。
城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くはその戦争で死んでしまいました。
しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。
 この話は、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。

「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。
「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。

「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」
という事です。
来年もいい年でありますように祈念して、合掌。
スポンサーサイト

R0031043_convert_20131219200016.jpg
3年前に仮こけら落し公演を行なった「粟津演舞場」を本格保存修理工事に取り掛かりました。
小松市の景観重要建造物に指定され、12月より本格保存修理工事に着手。
文化財の芝居小屋を来年4月までに修理予定です。
皆さんお楽しみに。
旅行雑誌、まっぷるの石川・金沢12月5日発売にも掲載されました。

R0035114_convert_20131219195819.jpg
R0035253_convert_20131219195651.jpg
平土間、そして舞台にも足場を組立現在修復工事進行中。
12月21日には、全国芝居小屋の監修にも貢献されている、賀古先生に指導を受けます。
基本設計は、小松能美建築士会の皆さんがボランティアで図面を作成していただきました。
21日には、建築士会の方々にも指導して頂きます。

重要文化財 那谷寺「鐘楼」の屋根工事(軒付)が行われています。

R0035120_convert_20131219175315.jpg
まずは、下軒付はほとんど破損が見られないので、軒付裏板の取替え箇所を施工すます。
R0035186_convert_20131219175409.jpg
檜皮軒付を竹釘で固定していきます。
IMG_1357_convert_20131219175454.jpg
積み上げた軒付の寸法を確認し、整えていきます。
IMG_1366_convert_20131219175523.jpg
積み上げた、軒付(檜皮)をちょんなで削り仕上げます。
今月で鐘楼の軒付を終わらせる予定です。
引き続き護摩堂に取り掛かります。

来年5月頃に平葺きの現場公開を行う予定です。
皆さん、匠な屋根職人の技をご覧いただけますのでご期待ください。

軒付は、児島の高平君です。

山本製材「山寅会」山祭りが開催されました。

柳家ろべえ
山本製材「山寅会」山祭りが12月8日(日)午後2:30~まずは贅沢にも、東京から柳家ろべえさんをお迎えして
落語独演会みんなで、
大笑い

木崎さま乾杯
宴会は6:30~
田島正志 会長の挨拶。私の挨拶そしてお世話になっている、那谷寺住職 木崎馨山 様による乾杯

来賓には、
那谷寺 住職木崎馨山 様
城端別院 善徳寺 輪番 梅原 專從 様
         寺務 石黒 有恒 様
落語家 柳家 ろべえ 様

宴会3
宴会2
宴会1
だいく
ぶり解体
会場はいつもお世話になっている、粟津温泉「法師」最高の料理に美味しいお酒で大盛り上がり。
途中、10kもあるブリの解体ショー。
皆んなで寒ブリを堪能。
本当に美味しく、食べつくせないほどの料理に全員大満足。

さすが、粟津温泉「法師」
3時間の大宴会。
そのあとは、2次会へGO
翌日の朝食で大ビンゴ大会を開催
協力業者・問屋・メーカーから素晴らしい賞品がいっぱい。
今回の目玉賞品 コロナさん提供のファンヒーターは木下大工がゲット。
全員が賞品を確保。

tyasitu 1
O様邸の2畳の茶室です。なんとか小舞を組み終わり、土壁塗りです。現在むら直し施工中。
tyasirtu2
にじり口部分です。床板は既存茶室の待合の船板を使用。床の間の床柱はイブキです。
tyasitu 3
にじり口上の天井網代に竹で竿を挿し、藤弦で編み込みました。
tyasitu 4
ここに炉をきります。

弟夫婦とあたかや佳水郷へ行ってきました。

20131120_190438_convert_20131207104216.jpg

弟の嫁のおじさんがオーナーの佳水鄕へ行ってきました。
素晴らしい料理に大満足でした。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード