FC2ブログ

重要文化財 旧木下家住宅 分解工事 近況報告

重要文化財 旧木下家住宅の分解工事が始まりました。
大工の応援は、井波・城端・阿岸でも活躍してくれている勝又君です。
井波から2時間かけて通ってます。

現場代理人で宮大工の当社の和田君もがんばっています。
k1
k2

善徳寺『台所門』保存修理工事 近況報告

見つけました。

d2
桁上にダボ穴(水平の桁同士の開き止め兼、扠首台) 幅4.5寸です。これなら厚みは3寸ぐらいでしょうか?
れにより、この建物の変遷に七間の茅時代があったことがわかりました。


d1

かつ、小舞を少し解体。
旧 小舞の和釘 ありました。 
白チョーク

中央の痕跡です

富山県指定文化財 入道家住宅 調査業務に着手しました。

n1

今回は、建物の現況調査を行い、妻面の修理・内部構造補強の実施につなげる予定。
本年度計画・次年度実施の予定です。

加賀市U邸の建方を行いました。 

3月12日(土)
昨日の
午後から起こしはじめ、今日は建方です。
事故やけがもなく、無事終了することができました。
お施主さまにも喜んでいただきました。

u1
u2
u3

重要文化財 旧木下家住宅 近況報告 2016・03・10

本日より、樹木の伐採および枝払い作業の開始です。
地元の重機屋さん、やな川重量さんの25tレッカー車を入れ作業開始。

k3
伐採は、丸岡の山崎さんにお願いしました。
昨年住宅を建てさせていただきました。
これまた、不思議な御縁です。

k1

職人さんも、丸岡の木こりさんと地元勝山の職人さんです。
k2
k5
k4

明日は、別の茅葺の現場に調査。

なんだか続きますね~。
物件名は言えませんが、明日はこの現場に行きます。
その後、勝山市 旧木下家住宅に。

n1
n2
n3

善徳寺 『台所門』保存修理工事 近況報告 2016・03・02

台所門の柱根です。7間時代が境内のこの場所で存在したのか???
解りません。
現在床下の土を丁寧に、調査しています。
7間境の外に、木灰の層+三和土状の土。
さてこれは、外に灰を捨てたのであれば、7間時代が存在したことになるのだが???

d1

s1
s2

ふと、横を見ると 袖塀の断面がくっきり。
これは、勉強になります。
スケッチと寸法を取りますかね?

善徳寺 『庫裏』保存修理工事近況報告 2016・03・02

k1
庫裏の唐破風玄関の桁の繕いです。前回の写真よりかなり進んでいます。k2
腰板の修理も、丁寧に根気よく行っていただいています。
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード