粟津温泉 おっしょべ祭り 今年も盛大に。

平成28年 粟津温泉 おっしょべ祭りが盛大に行われました。
初日は太鼓祭り
中日は雨で、踊りが中止。

そのせいか、3日目の流し踊りは多くの参加者であふれていました。

当社も、山本製材 建友会で参加 、団体の法師賞をいただきました。

o1
o2
スポンサーサイト

城端別院 『本堂』 保存修理工事 近況報告 2016・08・24

95%工事が完了し、内部の箔押の工事。

箔押の工程がわかるように、見本の作成です。

48工程を1本の模型で作ってくれています。

荒木工房さん、感謝です。


82410

詳細は後日完成篇でお知らせします。

今日の写真いまいちですみません。

城端別院 善徳寺 『庫裏』 保存修理工事 近況報告 2016・08・24

8241

庫裏正面は、左官工事が一部完了。
唐破風玄関を建てる準備中です。
82411
既存の土壁を落し、小舞の補強の準備です。
8245
竹を割っては、小舞下地の材料を作っています。

8244
庫裏と対面所の繋廊下の左官工事です。
8243
廊下火燈窓部です。

8242
大きな壁面も、茅小舞で現状復旧。

城端別院 善徳寺『台所門』保存修理工事 近況報告 2016・08・24

8248
台所門は、軸部の修理が完了し、小屋組の修理にかかってます。
8247
棟梁:中山君と山下さんが頑張ってくれています。

8246
写真はないのですが、一番嫌な出窓の部(幾度もの変遷あり)の修理を、
山下さんが丁寧に行ってくれています。
仕上がりが楽しみです。

城端別院 善徳寺『山門』 保存修理工事 近況報告 2016・08・24

8249

軒支柱は概ね完成。
いよいよ、大屋根の棟部修理に取り掛かりました。
北側の棟瓦の熨斗瓦が破損し雨漏れがありました。

正面にも足場を設け、瓦工事に取り掛かります。

むぎや祭りまでに終わらせます。

瓦やサンよろしく。

重要文化財 旧木下家住宅 近況報告 2016・08・22

ki1

木下家住宅  デノマの床下です。お蚕さん用の囲炉裏です。

ki6

ki2

底から半分ぐらいの所に、越前焼?の土管(給・排気用?)が。

ki3
ki4
馬屋にあった、後補の芋穴と造りが似ている。
しかし、考えてみると、芋穴の壁も焼けた跡がありました。

ki5

坊主部屋 床下のお風呂があった箇所の排水用穴。

この当時は、湯船につかるのでなく、足首まで水を張り、
莚の囲いで垢こすりのスペース、その垢も肥料に。

城端別院 善徳寺 近況報告 2016・08・10

j1
<
本堂は、金箔工事の下地処理が続いています。来週からは須弥壇周りの金箔押えです。
荒木工房・石川県修復工房が、頑張っています。さすがの仕事ぶり。


a href="http://yamatora123.blog69.fc2.com/img/R0043445_convert_20160811084050.jpg/" target="_blank">j2
台所門は、ジャッキアップされていた軸部を基礎を直し、
柱根を修理し調整しながらおろしました。



j3
山門は、軒支柱が組みあがり、軒反りの隙間のパッキン材をひかり付ける作業です。
j4

私の説明を撮影してくれた、素晴らしい相棒がいた。

重要文化財 旧木下家住宅の現場公開、自分の写真がないなと思っていたら、
さっき宅ファイル便で送っていただきました。

ki1

ki2

ki3


ki4

ki6

ki7


ki8


ki9


ki12


8月6日(土)・7日(日)の2日間、重要文化財 旧木下家住宅で、現場公開が行われました。

k2
k1

重要文化財 旧木下家住宅 で、現場公開が行われました。

写真は、福井県の今出氏・勝山市の寶珍氏が事前説明を5分間づつしている様子です。

この後私は、1時間たっぷり話させていただきました。

6日(土) 午後の部  40名
7日(日) 午前の部  19名
7日(日) 午後の部  18名の参加がありました。

城端別院 善徳寺『山門』軒支柱設置工事  近況報告 2016・08・05

城端別院 善徳寺『山門』軒支柱設置工事 建方の状況です。
柱、8寸角
火打材、15.5尺 6寸×1.2尺
これを、屋根の下でくみ上げます。

y3
y2
y1
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード