あまりにも、当初の母屋の通り・材料も悪く、屋根の荷重を支えるには心配なので、本
来の通りの横に仮設の母屋を取り付けています。

d1
大きく折損していた梁も取替られ、見違えります。

d2

腕木の桁の取付か所の繕いも丁寧に行ってくれています。
ここの大工は、井波社寺建築(中山・山下)です。

d3
スポンサーサイト

城端別院 善徳寺『庫裏』保存修理工事 近況報告 2016・09・28

庫裏は、唐破風玄関の組立に取り掛かっています。

k1

繕った材料が、丁寧に組み立てられています。

大工は、富山の佐々木大工です。

k3

庫裏内部では、竈の復原に取り掛かりました。
地元の石の調達ができなかったので、私の地元観音下石(日華石:とても火に強い)
で、組立ます。

小松の木下石材です。親子で頑張っています。
k2

城端別院 善徳寺『本堂』保存修理工事 近況報告 2016・09・28

本堂の金箔工事が順調に進んでいます。

なんせ、48工程を丁寧に行っていただいています。
柱の半分裏側が、なんと白檀塗。浮のあった白檀をニカワで押えてくれました。
本来の仕事を後世に伝えられるようにしています。

h1

漆下地の調整です。
これを、手を抜くと仕上に影響します。
湿度に悩まされながらの工程です。


h2

荒木さんが、毎日頑張ってくれています。
本当に地道な仕事です。
感謝です。
h3

重要文化財 千葉家 住宅  ハセ小屋 茅葺トレンチカット他 協力しています。

元請の㈱テラさんの現場員の方々と調査打ち合わせ
ti2

ハセ小屋のトレンチカットも上手くいきました。
ti1


作業指導1

ti3
ti4
今回の成果
1、おしぼこのピッチ2尺、材料
2、軒つけの概ねの角度
3、芝棟の幅・高さそして枠の仕様
4、材料の仕様

内容は、企業秘密です。

新築住宅の完成見学会が、行われます。

taiki
明日、9月24日(土)小松市白山田町で新築住宅の完成見学会を開催します。
皆様のお越しをお待ちしています。

城端別院 『山門』 近況報告 2016・09・14

sa1
別院の山門です。
むぎや祭りになんとか間に合いました。
軒支柱・棟瓦修理。
祭りの終了後山廊の修理に取り掛かります。

重要文化財 旧木下家住宅 近況報告 2016・09・08

旧木下家住宅です。

ニワ・オイエ部分は、復原すると土間になると思ってました。

ダイドコロ境の框もニワ側に仕上がっていましたので。

k4

ところが、ダイドコロ部分も床・床組を解体するとなんと、三和土
が、出てきました。
広い土間空間の出現です。

k1

ナカノマ境の脚固も仕上がっているし、束も化粧で面をとっています。
k2
後補の囲炉裏を解体して調査が必要です。
また、その横に変わった遺構が・・・
さてこれは???

もみ殻が土に交じってたくさん出ています。

便所跡???

k3

城端別院 善徳寺 近況報告 2016・09・03

大忙しの日。
山門は、棟木の修理に瓦 工事。
鐘楼も、雨漏れの応急修理。 (棟部銅板
経蔵も相輪のずれ直し(雨漏れ)と防水工事)

j1
j2
j3
j4
j5

重要文化財 旧木下家住宅 近況報告 2016・09・01

化粧腕木・持送を取り外しました。

ケヤキ材で加工精度抜群。さすが永平寺大工。
書院の持送と同じ手仕事です。
よって、軸部の加工から永平寺大工が携わった可能性大です。


k11
k9
k10

200年前の加工そのまま。ケヤキ材の角がキンキンです。

k12
k13

続きを読む

城端別院 善徳寺 『庫裏』 近況報告 2016・08・31

庫裏は左官工事が順調に進んでいます。

k2
k6

板金屋さんも一生懸命、下屋の屋根のしまつ。k8
k7
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード