那谷寺1300年記念大祭 仏式法要が行われました。

御縁を賜り、様々なお手伝いをさせていただきました。

当社・協力会社(建友会)で
家内と従妹の郁代が受付、幸宗と池田は受付サポート

建友会は、粟津方面の4つの駐車場係

私、章・和田・寺西は、お稚児の駐車場とその後、金堂のお世話。

最後はみんなで、餅まきのお世話。

本当に楽しい1日でした。

n1
n2
n4
スポンサーサイト

那谷寺 金屏風修理業務 完了

1300年 仏式法要に使われる金屏風の修理完了です。
裏打ちの紙が乾燥で破れたものを、いつもお世話になっている石川県修復工房
に修理していただきました。
20周年の忙しい中、馴染みで川口さんたちにお願いして本当に良かったです。
ふのりで張りますが、足りないところは色も入れていただき、まったくわかりません。
古く貴重な金屏風、表はさすがに絹張り金箔張りしたもので輝きが違います。

k4
k1
屏風の縁は、やはり前田家の紋です。
やはり、凄い。
k3

4月9日(日) 那谷寺1300年記念 『御柱立柱祭』無事成し遂げることができました。


n2
神事の後、静岡五意の会による木遣り『三代』から『ひき綱』
n3
坂下棟梁の掛け声で、さあ曳きます。
n6
上村棟梁の掛け声でさらに皆さん曳きます。

n5
当社建友会の皆さん・門徒さん・町内の皆様で曳きました。
n4
徐々に立ち上がる御柱

n8
木崎副住職の寶弓の儀・寶刀の儀

n7

曳いている綱も、ビンビンです。


n9

無事柱も立ち、渡辺棟梁・木ノ下棟梁の楔の儀が行われ、那谷獅子が舞い渡りはじめです。
n1
今回参加した当社の協力会(建友会)・監修された渡邉 晶氏とで、記念撮影。

4月8日 那谷寺本尊御開帳の準備をさせていただきました。

n10
なんと、御本尊十一面観音の手に紐をかけ、拝殿まで繋げました。
その、大事な役をご住職から指名されて緊張しました。

n11
無事作業も終え、木崎御住職と歴史話しに花が咲きました。
歴史と文化に勝るものなし
プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード