FC2ブログ

瑞泉寺 本堂 向拝床工事進行中

向拝1
既存のコンクリートが薄く、(当初柱より前側のコンクリートと後ろ側のモルタル工事)全体の工事になりました。
輪番さんからの宿題で、山本さんこの地域は冬の凍結でモルタルは何度やってもだめですわ。との事最近もモルタルもかなり施工は良いものの私も同感。この広い箇所の四半敷(45°に、目地を切ることから付けられた)を逆V字に分けて施工。但し繋ぎ箇所が目地の箇所になるため、型枠が難しい。左官屋さんが泣きそうです
向拝2
向拝も礎盤+礎石+自然石の玉石でした。塀3
さて、よわったのが式台門脇の袖塀です。昨日の樹木の伐採で塀の屋根を破損しました。屋根の瓦部分は後ろの瓦を前に持ってくるなどの工夫でよかったのですが、正面の5本線のモルタルが衝撃で、ひびが入ったのとモルタル自身が頑張りすぎて、下の積み石を前に出してしまったようです。これは半解体修理が必要か?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード