FC2ブログ

6月6日(土)・7日(日)と、静岡県島田市のみのる座に調査に行きました。

6月6日・7日と土日を利用して静岡県島田市本通り7丁目にある、みのる座に賀古先生と調査に行きました。静岡五意の会からの依頼で主催が建築士会で五意の会は協催でした。この、みのる座は、ついこの前まで映画館で使用、大正5年に建てられた間口9間半の大きな建物です。五意の会からは、ある程度情報をもらっていたのですが、実際に見てみると痕跡があちらこちらにびっしり。賀古先生もびっくりほとんどが、残っています。
無いのは、平土間の枡割りのみです。舞台も前の方が、円形にかきとられているが、わかります。花道を付け、椅子を少し取り外し、定式幕を付ければ雰囲気が出てきます。この建物を解体なんてもったいない。なんとしても残してほしいものです。そのためにも、勉強会でなく保存活動の遂行に繋げていければ良いと思います。

みのる座概観
これが、現在の外観・・・本来は和洋折衷の入母屋屋根と分かりました。
講義1
まずは、どこを計って、何の痕跡を見つけるか講義を受けます。五意の会は、お得意です。
大向こう
痕跡は数多いのですが、写真では大向こうの痕跡です完全に残っています。
岡山さん野帳
五意の会、会長の岡山さんが熱心に野帳をとっています。
講義2
講義を重ねます。
奈良部
芝居小屋会議の奈良部さんも参加しました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード