FC2ブログ

粟津演舞場で『お茶の水女子大学 神田一座』のゼミと発表公演

粟津演舞場の活用の模索に、我らがお茶大の神田由築、准教授が30名の学生を引き連れゼミと発表会を行ってくれました。これは、有難い。演舞場が体験型の施設としても利用できることを証明するまたとない機会です。

日中は、ゼミ、夜は芝居の発表会。この芝居がなんと国定忠治『赤城天神不動の森』一幕。
先生からの氏名でなんと私が国定忠治役。台本を先にいただいたのだが、せりふが長い。

しかし、この国定忠治の長脇差、加賀の国の住人小松五郎義兼鍛えた業物とあって、小松には昔よりものづくりの精神が宿っていたと感じる物で、且つ、勧進帳の智・仁・勇の心がこもった物語です。

本番2
本番1
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード