FC2ブログ

やっと一段落。でも・・・

山本製材22年安全祈願
新年からの見積もり他パニックから少し落ち着いたので・・・
新年5日の那谷寺での安全祈願御金堂前で社員みんなで写真を撮りました。
今年もご愛顧賜りますようお願いします。
さて、その後井波別院 瑞泉寺『本堂』は、と言うと
7日~ジャッキアップ機材の搬入
12日~本格的にジャッキアップが始まりました。
曳き屋山本組ジャッキアップ12日
曳き屋は、以前にジャッキアップ試験で、お世話になった(株)山本組で、縁故関係ではないが同姓です。
宮田大工ジャッキ確認
この写真は、今回の本堂でお世話になっている宮大工棟梁の宮田君です。若いのですがすごい。
1本、1本の柱に墨書のない面を鉄骨の当たりを取り、曳き屋とジャッキアップを行います。
3cmずつ上げるのですが床上の部材の変化も見つつ作業を行います。
勝又大工欅パッキン
この写真は、同じ井波の宮大工勝又君です。宮田君とジャッキアップ下柱根に欅のパッキンをかましていきます。
只これが大変で、柱根が部分的に少し腐朽していると段違いのパッキン材を造らなくてはいけません。
1本、1本丁寧に調査しパッキンを入れていきます。
私からの指示は、15mm以下は鉛のパッキン。
        15mm以上は欅のパッキン。で共に柱根に防腐剤が少しでも付くように、キシラモンをパッキン材に塗り、差し込みます。基本1mmプラスの厚みです。
北陸中日新聞の記事
上記をクリックください。
北日本新聞記事
上記をクリックください。
読んでいてビックリ24日1時半~講演せんといかんみたい。
富山新聞の記事
上記をクリックください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード