FC2ブログ

富山市の西光寺の図面作成

平面図庫裏
以前よりご紹介している、富山市の西光寺の庫裏です。全体で160坪を超える大きな庫裏です。
時代は江戸後期、広間・茶の間が欅の柱8寸角で側通りの柱は5.5~6.0寸角です。
ただ、下のほうの盛りつけ場から和室8畳+和室8畳にかけて近年の改装で本来の柱が見当たりません。
わしつ2間を設けるために抜かれたようです。当然、下の廊下は下ろし(後付け)
改装工事にあわせて、本来の側通りに柱を入れるべきと考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamatora123

Author:yamatora123
石川県小松市の山本製材

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード